一学年

唱歌『日の丸の旗(ひのまる)』の歌詞

唱歌『日の丸の旗(ひのまる)』の歌詞

文部省唱歌の『日の丸の旗』とは、一年生用に掲載されている歌で、作者は、作詞が高野辰之、作曲が岡野貞一おかのていいちです。

1911年(明治44年)発行の『尋常小学校唱歌』で「美しや」や「勇ましや」だった歌詞が、1941年刊行の『ウタノホン』では、「ウツクシイ」や「イサマシイ」とカタカナ表記に改変され、戦後、再び元に戻されます。

加えて、2番の歌詞も大きく変わり、歌のタイトルも『ひのまる』に変更されたようです。

歌詞

日の丸の旗

白地に赤く
日の丸染めて
ああ美しや
日本の旗は

朝日の昇る
勢ひ見せて
ああ勇ましや
日本の旗は

『ひのまる』(戦後改訂版)

白地に赤く
日の丸染めて
ああ美しい
日本の旗は

青空高く
日の丸揚げて
ああ美しい
日本の旗は

唱歌 「日の丸の旗」

その他

日本国旗を歌った唱歌。戦後の『ひのまる』改訂版では、2番の歌詞の「朝日の昇る 勢ひ見せて ああ勇ましや」という部分が、「青空高く 日の丸揚げて ああ美しい」という風に変わっています。

大正期から戦争時にかけ、よく歌われ、数多くの替え歌もつくられたそうです。

ちなみに、この高野、岡野という作詞、作曲のコンビで有名な文部省唱歌では、『春の小川』、『春が来た』、『朧月夜』、『故郷』などが挙げられます。