自然

木村秋則『奇跡のリンゴ』

木村秋則『奇跡のリンゴ』

本の紹介

木村秋則さんは、無農薬無肥料の自然栽培でリンゴを育てたことでも有名な農家で、木村さんのことを取り上げた石川拓治さんのノンフィクション『奇跡のリンゴ』は大ベストセラーに。この本を原作とした、阿部サダヲ、菅野美穂らが出演、久石譲が音楽を担当した映画も公開されています(『奇跡のリンゴ』予告編)。

木村秋則 

木村秋則さんが無農薬のリンゴづくりを始めようと思ったきっかけは、農薬による妻の体調不良でした。しかし、リンゴの無農薬栽培は日本の温帯湿潤な気候では難しく、自給のために育てた他の作物は無農薬で栽培できたのですが、リンゴだけは困難を極めます。こうして10年近く、試行錯誤を重ね、借金や周囲の農家からの孤立に一時は自殺も考えるほど思い悩みながら、ようやく無農薬無肥料のリンゴの栽培を実現させます。

木村さんは、岡山県や石川県といった自治体でも指導し、木村式自然栽培の普及に努めています(「JAはくいの自然栽培)。

以下は、『奇跡のリンゴ』に出てくる木村秋則さんの言葉から、自然に関する名言です。リンゴの栽培や農業だけでなく、日々の生活や生き方そのものについても考えさせてくれる言葉ではないでしょうか。

本の名言

リンゴの木は、リンゴの木だけで生きているわけではない。周りの自然の中で、生かされている生き物なわけだ。人間もそうなんだよ。人間はそのことを忘れてしまって、自分独りで生きていると思っている。そしていつの間にか、自分が栽培している作物も、そういうもんだと思い込むようになったんだな。

この花を咲かせたのは私ではない。リンゴの木なんだとな。主人公は人間じゃなくてリンゴの木なんだってことが、骨身に染みてわかった。それがわからなかったんだよ。自分がリンゴを作っていると思い込んでいたの。自分がリンゴの木を管理しているんだとな。私に出来ることは、リンゴの木の手伝いでしかないんだよ。失敗に失敗を積み重ねて、ようやくそのことがわかった。