文化

オイゲン・ヘリゲル『日本の弓術』

オイゲン・ヘリゲル『日本の弓術』

本の紹介

オイゲン・ヘリゲルは、1884年生まれで、1955年に亡くなったドイツの哲学者です。ヘリゲル自身が日本での弓道修行を通して学んだ、禅の思想を伝えた日本文化の紹介者としても知られています。彼は、1924年に東京帝国大学に招かれ、妻と来日。1929年まで哲学を担当します。その間に、より日本文化を深く学びたいと、大学の弓道部師範である阿波研造のもとで指導を受けます。この『日本の弓術』は、ヘリゲルが弓道(弓術)の修行を通して経験した葛藤や苦悩、学びを、帰国後に講演で語り、その日本語訳として1941年に出版された講演録です。岩波文庫で、本文自体はわずか70ページほど、柴田治三郎の翻訳もとても読みやすい日本語で、西洋文化と東洋文化の違いが、ヘリゲルの葛藤から見えてくる良書です。

ヘリゲルが弓術を学び始めた最初の頃、阿波師範は、弓を放った様子を見せたあとに、まず重要な点として、弓術はスポーツではなく、精神的なものであると告げます。「弓術はスポーツではない。したがってこれで筋肉を発達させるなどということのためにあるものではない。あなたは弓を腕の力で引いてはいけない。心で引くこと、つまり筋肉をすっかりゆるめて力を抜いて引くことを学ばなければならない。」

こうした助言をもとに、地道に稽古を続けていくも、どうしても行き詰まったヘリゲルに、阿波師範は再び助言を与えます。一つは呼吸法。肺呼吸ではなく、腹で呼吸することで、力の中心が下方に移り、両腕の力が緩んでいく。もう一つは、無心になること。「あなたは意志をもって右手を開く。つまりその際あなたは意識的である。あなたは無心になることを、矢がひとりでに離れるまで待っていることを、学ばなければならない。」しっかり矢を放とう、という意志が力みとなって師範のようにはできませんでした。

この助言に、ヘリゲルは、「無になってしまわなければいけないと言われるが、それではだれが射るのですか」と本質を問いかけます。確かに、力を抜き、意志を無にすれば、矢を放つ主体が存在しなくなります。この問いに、先生は、次のように答えます。「あなたの代わりにだれが射るかが分かるようになったら、あなたにはもう師匠が要らなくなる。経験してからでなければ理解のできないことを、言葉でどのように説明すべきであろうか。」

それからしばらく経って、最後の課題として、これまでは的代わりに2メートルの位置に藁束を置いていましたが、いよいよ正真正銘の的を60メートル離れた場所に置き、射抜く、という段階になったとき、先生は、手本を見せたあと、弓道における禅的な要素とも言える本質的な言葉をヘリゲルに語りかけます。「私のやり方をよく視ていましたか。仏陀が瞑想にふけっている絵にあるように、私が目をほとんど閉じていたのを、あなたは見ましたか。私は的が次第にぼやけて見えるほど目を閉じる。すると的は私の方へ近づいてくるように思われる。そうしてそれは私と一体になる。これは心を深く凝らさなければ達せられないことである。的が私と一体になるならば、それは私が仏陀と一体になることを意味する。そして私が仏陀と一体になれば、矢は非有ひうの不動の中心に、したがってまた的の中心に在ることになる。矢が中心に在る ── これをわれわれの目覚めた意識をもって解釈すれば、矢は中心から出て中心に入るのである。それゆえあなたは的を狙わずに自分自身を狙いなさい。するとあなたはあなた自身と仏陀と的とを同時に射中いあてます。」

本の名言

日本人は弓を射ることを一種のスポーツと解しているのではない。初めは変に聞こえるかも知れないが、徹頭徹尾、精神的な経過と考えている。(ヘリゲル)

射手の自分自身との対決は、あらゆる外部に向けられた対決 ── 例えば敵との対決の、実質上の真の根底である。(ヘリゲル)

経験してからでなければ理解のできないことを、言葉でどのように説明すべきであろうか。(阿波研造)