やぎさんゆうびんの歌詞と解釈

子供の頃に耳にし、印象に残っている、しろやぎさんとくろやぎんのやり取りを歌った童謡の一節。「しろやぎさんから おてがみついた くろやぎさんたら よまずにたべた」。この歌は、詩人のまど・みちおさんの詩で…

吉野弘『祝婚歌』

正しいことを言うことが、必ずしも正しいとは限らない、ということをときどき思う。 それは、「正しさ」というものが、時代や立場によっても違うから、ということだけでなく、「正しさ」という絶対的な担保によって…

二十億光年の孤独とくしゃみ

詩人の谷川俊太郎さんの代表作に、『二十億光年の孤独』という詩がある。僕は谷川俊太郎さんの作品をそれほど熱心に読んできたほうではなく、正直、あまり多くは知らない。詩集は一冊持っているだけだ。 この詩も、…