文部省唱歌の一覧

文部省唱歌の一覧

文部省唱歌とは

唱歌という言葉は、古くからある日本語で、平安時代には器楽の譜を声で歌うことを「唱歌しょうがする」と言い、また、室町末期から江戸時代に、短い歌曲の歌詞を「唱歌」と呼んだこともあったそうです。

この古来からの唱歌という日本語を、singingやsongの訳語として、1872年(明治5年)の学制頒布以来用いたことから、唱歌は、「学校で歌うもの」という意味合いが強くなります。

明治以来の「唱歌」は、「初等・中等の学校で教科書用にもちいられ、日本語でうたわれる、主として洋楽系の短い楽曲」で、歌詞は「徳性の涵養と情操の陶冶」に資するような、教訓的および美的な内容を持ち、曲は欧米の民謡、賛美歌、学校唱歌および平易な芸術的声楽曲からとり、それらの型によって邦人の創作した小歌曲、および少数の日本民謡やわらべうたを含むものを指します(参照 : 『日本唱歌集』)。

洋楽に触れることのなかった明治初期の日本人が、洋楽のリズムや音階に馴染むきっかけとなったものとして、「唱歌」はとても大きな要素となったようです。

この唱歌のなかでも、特に文部省唱歌もんぶしょうしょうかと呼ばれるものがあります。

文部省唱歌とは、明治から昭和にかけ、文部省(現在の文部科学省)が編纂へんさんした、尋常小学校や高等小学校などの音楽の教科書に掲載された楽曲の総称のことを意味します。

ただし、一般的に「文部省唱歌」と呼ばれるものの、この名称自体は、文部省が公式に定めたわけではありません。

文部省唱歌の歴史は、1910年(明治43年)の『尋常小学読本唱歌』に遡ります。その翌年以降、『尋常小学読本唱歌』の27曲を含む、各学年ごとに分けられた『尋常小学唱歌』(全6巻)が、1911年〜1914年(大正3年)に刊行されます。

文部省唱歌は、全て日本人による新作で、1900年代までに翻訳された、たとえば『蛍の光』や『蝶々』のような唱歌は、「文部省唱歌」には含まれません。

文部省唱歌の代表作と言えば、『もみじ』『春の小川』『ふるさと』などが有名で、現在の音楽の教科書にも掲載されるなど、今の日本人でも、冒頭の一節を聴くだけで自然と続きを思い浮かべることのできる曲も少なくないでしょう。

現代の子供たちが音楽の教科書で学ぶ文部省唱歌には、小学校1、2年生『うみ』『かたつむり』『日のまる』『かくれんぼ』『春がきた』『虫のこえ』、小学校3、4年生『茶つみ』『春の小川』『ふじ山』『まきばの朝』『もみじ』、小学校5、6年生『こいのぼり』『スキーの歌』『冬げしき』『おぼろ月夜』『ふるさと』『われは海の子』が挙げられます。

国語学者の金田一春彦さんが、「教室で先生がピアノで伴奏を弾けば、別にタクトを振る人がいなくても声が合う」と記すように、文部省唱歌は、歌いやすい曲が多いことが特徴となっています。

作者

文部省唱歌の作者に関しては、当時、作詞者や作曲者に国が高額な報酬を支払うことで、名前は一切公開せず、作者本人も、口外しない、という契約を交わしています。

この契約を結んだ背景には、個人の作者ではなく、「国」が作った歌である、という面を強調したかったのではないか、という指摘もあります。

また、合議制のなかで編纂されたことから、個人の作者を取り上げる、ということの難しさもあるようです。

こうした背景から、当時は匿名だった作者名ですが、その後、検定教科書制度になってからは、作者名を明らかにする必要があり、作者がはっきり分かる場合は記載があります。

一方、不詳であったり根拠が薄いことも少なくないので、作詞者や作曲者は書かずに「文部省唱歌」とだけ記載がされている教科書などもあります。

文部省唱歌一覧

以下は、文部省唱歌の尋常小学校1年生から6年生までの全120曲(各学年ごとに20曲)の一覧になります。

タイトルや、冒頭の一節を聴いただけでも、続きの歌詞や懐かしいメロディが蘇ってくる有名な曲も数多くあります。

第一学年

日の丸の旗 (「ひのまる」)⇒ 歌詞と概要
鳩 ⇒ 歌詞と概要
おきやがりこぼし ⇒ 歌詞と概要
人形 ⇒ 歌詞と概要
ひよこ ⇒ 歌詞と概要
かたつむり ⇒ 歌詞と概要
牛若丸
夕立
桃太郎
朝顔
池の鯉
親の恩

菊の花

木の葉

紙鳶の歌

花咲爺

第二学年


二宮金次郎
よく学びよく遊べ
雲雀
小馬
田植


蛙と蜘蛛
浦島太郎
案山子
富士山
仁田四郎
紅葉
天皇陛下
時計の歌

梅に鴬
母の心
那須与一

第三学年

春が来た
かがやく光
茶摘
青葉
友だち
汽車

虫のこゑ
村祭
鵯越
日本の国

取入れ
豊臣秀吉
皇后陛下
冬の夜
川中島
おもひやり
港(新編教育唱歌集収録の「みなと」とは別の曲)
かぞへ歌

第四学年

春の小川
桜井のわかれ
ゐなかの四季
靖国神社

藤の花
曽我兄弟
家の紋

漁船
何事も精神
広瀬中佐
たけがり

八幡太郎
村の鍛冶屋
雪合戦
近江八景
つとめてやまず
橘中佐

第五学年

みがかずば
金剛石・水は器
八岐の大蛇
舞へや歌へや
鯉のぼり
運動会の歌
加藤清正

納涼
忍耐
鳥と花
菅公
三才女
日光山
冬景色
入営を送る
水師営の会見
斎藤実盛
朝の歌
大塔宮
卒業生を送る歌

第六学年

明治天皇御製
児島高徳
朧月夜
我は海の子
故郷
出征兵士
蓮池
燈台

開校記念日
同胞すべて六千万
四季の雨
日本海海戰
鎌倉
新年
国産の歌
夜の梅
天照大神
卒業の歌

以上が、尋常小学校の文部省唱歌一覧です。

ちなみに、文部省唱歌は、戦争の時代に歌われたことから、歴史的な背景とも無関係ではなく、たとえば、「われは海の子、白波の」という冒頭の歌詞が有名な『我は海の子』は、戦後、GHQから指導が入り、文部省唱歌から追放されます。

理由は、『我は海の子』の7番の歌詞が、軍国主義を想起させるから、というものでした。

その後、教科書に再び掲載されるようになったものの、3番までの掲載となり、作詞したと考えられている宮原晃一郎さんの故郷である鹿児島市の祇園之洲公園の歌碑にも、3番の歌詞までしか掲載されていないそうです。